生活・ライフイベント

マリオットボンヴォイとヒルトンのアメックスを徹底比較!おすすめは?

マリオットボンヴォイとヒルトンのアメックスを徹底比較!おすすめは?
DoFor

旅行好きな人にとって、ホテル選びは旅の満足度を大きく左右する重要な要素です。中でも、マリオットとヒルトンは人気の高いホテルチェーンとして知られています。

これらのホテルと提携するクレジットカードを上手に活用することで、お得に快適なホテルステイを楽しめるでしょう。マリオットボンヴォイアメックスとヒルトンアメックスは、どちらもホテル系クレジットカードの代表格です。

本記事では、この2枚のカードを年会費やポイント還元率、特典など、様々な角度から徹底比較します。自分のライフスタイルやホテル利用傾向に合ったカードを選ぶための参考にしてください。賢明なカード選びで、より充実した旅行体験を手に入れましょう。

この記事でわかること
  • マリオットボンヴォイアメックスとヒルトンアメックスの詳細な特徴
  • 両カードの比較分析
  • 最適なカード選びのポイント
こんな人におすすめの記事です
  • 旅行好きな人
  • ホテルステイを重視する人
  • クレジットカードの特典を重視する人

マリオットボンヴォイアメックスとは

年会費ポイント
一般カード23,100円100円につき2ポイント
プレミアムカード49,500円100円につき3ポイント(マリオット系列ホテルでの利用で6ポイント)

マリオットボンヴォイアメックスは、アメックスとマリオットの提携カードです。一般とプレミアムの2種類があります。一般カードは年会費23,100円で、100円につき2ポイント獲得可能です。プレミアムカードは年会費49,500円で、通常3ポイント、マリオット系列ホテル利用時は6ポイント獲得できます。

両カードともゴールドエリート会員資格が付与されます。これにより部屋のアップグレードやレイトチェックアウトなどの特典を受け取ることが可能です。また、年間150万円以上の利用で無料宿泊特典が得られます。

このカードは特に旅行好きな人に適しています。充実した旅行保険や空港ラウンジ利用などの特典があるためです。頻繁にホテルを利用する方にとって、非常に魅力的なカードと言えるでしょう。

マリオットボンヴォイアメックスを利用するメリット

マリオットボンヴォイアメックスを利用するメリットは以下の通りです。

  • 高いポイント還元率:一般カードで2%、プレミアムカードで3~6%と高水準
  • ポイントの有効期限が実質無期限:定期的に利用することで期限切れを防げる
  • 無料宿泊特典:年間利用額に応じて、35,000~50,000ポイント分の無料宿泊が付与
  • ゴールドまたはプラチナエリート資格の獲得:各種優待特典を受けられる
  • 充実した保険やプロテクション:旅行傷害保険などで安心の旅行が可能
  • 家族カードが1枚無料:家族旅行や出張にも便利
  • アメックスの高い利用限度額:大きな買い物の際も安心

特に、マリオット系列のホテルを頻繁に利用する人にとって、ポイントや無料宿泊特典によるメリットは大きいでしょう。旅行保険なども充実しており、快適な旅行をサポートしてくれます。

マリオットアメックスを利用するデメリット

マリオットボンヴォイアメックスのデメリットは次のような点が挙げられます。

  • 高額な年会費:一般カードで23,100円、プレミアムカードは49,500円と負担が大きい
  • 無料宿泊特典の条件が厳しい:年間150万円以上の利用が必要
  • 家族カードにはステータス特典がない:家族の特典は限定的
  • 特定の加盟店ではポイント還元率が低い:利用店舗によっては不利になる可能性も
  • マリオット系列に宿泊が偏る:他のホテルの選択肢が狭まる恐れがある

年会費の負担が大きいため、十分にカードを活用できるかどうかが重要なポイントです。また、無料宿泊特典の条件など、一部厳しい条件もあるため注意が必要でしょう。マリオット系列以外のホテルも柔軟に利用したい人には不向きな面もあります。

ヒルトンアメックスとは

年会費ポイント
一般カード16,500円100円につき3ポイント
プレミアムカード66,000円100円につき7ポイント

ヒルトンアメックスは、ヒルトン・ホテルズとアメリカン・エキスプレスが提携するクレジットカードです。ヒルトン系列のホテルを頻繁に利用する人に適しています。一般カードとプレミアムカードの2種類があります。

一般カードの年会費は16,500円、プレミアムカードは66,000円です。両カードともヒルトン・オナーズのゴールド会員資格が自動的に付与されます。ゴールド会員は、無料の朝食や客室のアップグレードなどの特典が受けられます。

ポイント還元率は一般カードで3%、プレミアムカードで7%と高水準です。ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンへの割引加入など、ヒルトン系列での特典が充実しているのが特徴です。

ヒルトンアメックスを利用するメリット

ヒルトンアメックスを利用するメリットは以下の通りです。

  • ゴールドステータスが無条件で付与され、朝食無料や客室アップグレードなどの特典が利用可能
  • 年間利用額に応じたウィークエンド無料宿泊特典の付与
  • 一般カードで2%、プレミアムカードで3%と高いポイント還元率
  • ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの年会費割引
  • 国内外の空港ラウンジが無料で利用可能
  • 充実した国内外の旅行傷害保険が付帯
  • ETCカードが無料で発行可能
  • エリートランク・ボーナスポイントの加算によるポイントの効率的な獲得
  • ヒルトン系列ホテルでの各種VIP待遇

特にヒルトン系列のホテルを頻繁に利用する人にとって、ゴールドステータスの特典や無料宿泊は大きなメリットとなります。ポイントも高い還元率で貯まるため、お得に宿泊を楽しめるでしょう。

ヒルトンアメックスを利用するデメリット

ヒルトンアメックスのデメリットは次のような点が挙げられます。

  • 一般カードで16,500円、プレミアムカードで66,000円と高額な年会費
  • ダイヤモンド会員や無料宿泊特典の取得に高額な利用条件が設定されている
  • 他社カードと比較してヒルトンポイントの還元率が低い
  • ヒルトン系列に特化しているため、他のホテルチェーンでの特典が少ない
  • 日常のショッピングにおける特典や割引が少ない

年会費の負担が大きいため、十分にカードを活用できるかどうかが重要です。また、ヒルトンポイントの価値は他社と比べて低めなので、ポイントの使い道を吟味する必要があります。ヒルトン系列以外のホテルも利用したい人には不向きな面もあるでしょう。

マリオットボンヴォイアメックスとヒルトンアメックスを徹底比較

マリオットボンヴォイヒルトン
年会費23,100円~49,500円16,500円~66,000円
ポイント
還元率
100円につき2ポイント~3ポイント
(マリオット系列ホテルでの利用で6ポイント)
100円につき3ポイント~7ポイント
特典
サービス
・無料宿泊特典
・エリート会員資格
・ポイント還元
・旅行関連特典
・プロテクションサービス など
・ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスの付与
・ウィークエンド無料宿泊特典
・ポイント還元
・旅行傷害保険
・HPCJの年会費が実質無料 など
付帯保険・海外旅行
・傷害保険
・国内旅行傷害保険
・ショッピングプロテクション
・スマートプロテクション
・航空便遅延費用補償
・海外旅行
・傷害保険
・国内旅行傷害保険
・ショッピングプロテクション
・スマートプロテクション
・航空便遅延費用補償

ここでは、マリオットボンヴォイアメックスとヒルトンアメックスを徹底比較します。比較する項目は次のとおりです。

  • 年会費を比較
  • ポイント還元率を比較
  • 特典とサービスを比較
  • 付帯保険を比較

年会費を比較

マリオットボンヴォイアメックスとヒルトンアメックスの年会費を比較すると、一般カードではヒルトンアメックスが16,500円とやや安くなっています。プレミアムカードではマリオットボンヴォイアメックスが49,500円とヒルトンアメックスの66,000円より低くなっています。

年会費に対する特典の価値を考えると、マリオットボンヴォイアメックスは無料宿泊特典やエリート会員資格など、年会費以上のメリットが得られる可能性が高いでしょう。

一方、ヒルトンアメックスは高額な年会費ながら、ゴールドステータスの無条件付与やウィークエンド無料宿泊など、魅力的な特典が用意されています。

年会費の負担を軽減するには、それぞれのホテル系列での利用を増やし、ポイントを効率的に獲得・活用することが重要です。

ポイント還元率を比較

マリオットボンヴォイアメックスとヒルトンアメックスのポイント還元率を比べると、一般的な利用ではヒルトンアメックスが優れています。

ヒルトンアメックスは、一般カードで2%、プレミアムカードで3%の還元率であるのに対し、マリオットボンヴォイアメックスは一般カードで2%、プレミアムカードで3%となっています。

ただし、マリオットボンヴォイ系列ホテルでの利用時には、マリオットボンヴォイアメックスの還元率が6%と非常に高くなります。一方、ヒルトンアメックスはヒルトン系列ホテルで一般カードは3%、プレミアムカードは7%の高い還元率を誇ります。

特典とサービスを比較

マリオットボンヴォイアメックスとヒルトンアメックスの特典とサービスを比較すると、両者ともに充実した内容となっています。マリオットボンヴォイアメックスは、無料宿泊特典やエリート会員資格、空港ラウンジの利用など、旅行に関連する特典が豊富です。また、手厚いプロテクションサービスも魅力の一つです。

一方、ヒルトンアメックスは、ゴールドステータスの無条件付与やウィークエンド無料宿泊特典など、ヒルトン系列ホテルでの特典が充実しています。旅行の頻度やホテル利用の傾向に応じて、自分に合ったカードを選ぶことが重要です。

マリオット系列のホテルをよく利用する人にはマリオットボンヴォイアメックス、ヒルトン系列のホテルを好む人にはヒルトンアメックスがおすすめでしょう。

付帯保険を比較

マリオットボンヴォイアメックスとヒルトンアメックスの付帯保険を見ると、どちらも充実した内容となっています。両カードとも、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピングプロテクション、スマートプロテクション、航空便遅延費用補償など、幅広い保険が付帯しています。

補償内容や限度額には若干の差がありますが、どちらのカードも旅行中のトラブルや買い物の損害などに対する備えが十分と言えます。特にプレミアムカードでは、補償額が高くなっており、より安心して利用できるでしょう。ただし、保険の適用条件や範囲については、事前によく確認しておく必要があります。

付帯保険は、カードの利用により自動的に適用されるため、特別な手続きは不要です。万が一の際には、保険会社への連絡と必要書類の提出が求められます。

マリオットボンヴォイとヒルトンのアメックスを比較して自身に適したものを選ぼう

本記事では、マリオットボンヴォイアメックスとヒルトンアメックスの特徴を詳しく比較しました。

年会費やポイント還元率、特典、付帯保険など、様々な観点から両カードを分析しています。総合的に見ると、マリオット系列のホテルを頻繁に利用する人にはマリオットボンヴォイアメックス、ヒルトン系列を好む人にはヒルトンアメックスがおすすめです。旅行スタイルやホテル利用の傾向に合わせて、自分に適したカードを選ぶことが重要でしょう。

また、年会費の負担に見合った特典やサービスがあるかどうかも、カード選びの大切なポイントです。本記事を参考に、賢くお得にクレジットカードを活用しましょう。

記事URLをコピーしました