お金を貯める方法10選|やたらとお金が貯まる人の習慣とは?

お金を貯める方法10選|やたらとお金が貯まる人の習慣とは?
DoFor

「少ない収入でお金を貯める方法は?」
「貯金できない人が貯金する方法を知りたい!」

本記事ではこのような悩みを解決します。

お金を貯めるには「仕組み化」が重要です。やたらとお金が貯まる人はお金を貯める仕組みを作り、習慣化しています。

この記事を読めば貯金できない人が貯金する方法がわかり、お金の不安を解消できます。

この記事でわかること

  • お金が貯まる人・貯まらない人の習慣
  • お金を貯める方法10選
  • お金があるとできること3選

こんな人におすすめの記事です

  • お金を貯める方法がわからない方
  • 生活水準を維持しながら資産を増やしたい方
  • お金が貯まる人の習慣を知りたい方

お金が貯まる人の習慣

お金が貯まる人の習慣

お金を貯める際、「短期間で!」「絶対・確実に!」「貧乏人でも!」と意気込んで行動する方もいるでしょう。

しかし、重要なのは「お金が貯まる仕組み」を作り、習慣にまで落とし込むことです。
お金が貯まる人・貯まらない人の習慣(考え方)を以下の表でまとめました。

お金が貯まる人お金が貯まらない人
収入ー貯蓄=支出

※貯蓄を差し引いた分が支出

収入ー支出=貯蓄

※支出して残った分が貯蓄

家計管理ができている家計管理ができていない
外食・飲み会・衝動買いが少ない外食・飲み会・衝動買いが多い

では、お金を貯める仕組みを作って習慣化するには具体的にどうすればいいのか、以下で解説します。

お金を貯める方法10選(少ない収入でもOK)

お金を貯めたいなら、次の「お金を貯める方法10選」を実践しましょう。

ベースとなる考え方は以下のとおりです。

  • お金を貯める際は貯蓄額ではなく貯蓄率を確認するのがポイント
  • 少ない収入でも貯蓄率を上げることは可能
  • 支出を最適化→新NISAを活用して積立投資→副業などで収入を増やす→積立額を増やすの順に実行すると効率的
貯蓄率とは?
手取り収入に対してどのくらい貯蓄に回せたかの指標。

以下では、学生(小学生・中学生・高校生・大学生)、社会人、主婦のどの層に向いている方法なのかも解説します。

目的・目標を決める

お金を貯めたいなら、まずはお金を貯める目的・目標を決めましょう。

なぜなら、目的・目標がないとすぐに挫折してしまうからです。

例えば、以下のように短期から長期目標を期限付きで設定するとモチベーションが上がります。

  • 3年後までに200万円貯めて海外旅行に行く。
  • 60歳までに老後資金2,000万円を用意する。 など

本方法は、学生・社会人・主婦のすべての層に共通しておすすめの方法です。

貯蓄用の口座を分ける

貯金するにあたり、貯蓄用の口座を用意するのも重要になります。

その理由は、通常の口座と貯蓄用の口座を一緒にしてしまうと、いくら貯蓄できているかわかりづらく、知らないうちに使ってしまう可能性もあるためです。

本方法は「お金を貯める仕組み化」の第一歩で、学生・社会人・主婦の方すべての方におすすめです。

収入があれば貯蓄用口座へ貯蓄分をすぐに移管

本方法は2つ目の方法とセットになりますが、毎月の収入の一部を必ず貯蓄用口座へ移管させます。

「収入-貯蓄=支出」の考え方が重要で、お金を貯められる人になるために最優先で習慣化すべき方法です。

例えば、毎月の収入が30万円で10万円を貯蓄したい場合、収入が入ったら10万円を先に貯蓄用口座に移管して残りの20万円で生活するイメージになります。

この方法も学生・社会人・主婦の方すべての層におすすめです。

固定費などの支出を見直す

お金を貯める最もかんたんな方法は「お金を使わない=支出を見直す」ことです。

お金を貯めるには「収入を増やす」「支出を減らす」「お金を増やす」の3つがあり、支出の見直しは最初に行うべき項目になります。

具体的には、固定費を中心に保険代やスマホ代を見直します。

例えばスマホ代は格安SIMに変更するだけで、年間数万円の支出を削減できる可能性があるのでおすすめです。

本方法は社会人と主婦の方が対象になります。

支払いはクレカ払い

買い物の支払いはクレカ払いに統一するとお金を貯めるのに有効になります。

クレカ払いは支払いタイミングを1ヶ月遅らせることができ、ポイントやマイルが貯まってお得だからです。

例えば、旅行が好きな方にはマリオット系列ホテルの無料宿泊特典がもらえてマイル還元率も高いマリオットボンヴォイアメックス・プレミアムカードがおすすめです。

学生などクレカが使えない場合は、PayPayやApple Payなどの電子マネーを活用しましょう。

本方法も社会人と主婦の方が対象になります。

コンビニは利用しない

コンビニは便利ですが割高のため、極力利用しないようにしましょう。

具体的には、買い物はポイントが多く貯まる日にスーパーやネットで週一などの頻度でまとめて行うのがポイントです。

本方法は学生・社会人・主婦の方誰でも活用可能になります。

ポイント・クーポンを活用する

クレカ利用で貯めたポイントやクーポンを有効活用するのも効率的です。

注意点として、ポイントは還元率の高い方法で使いましょう。

例えば、楽天ポイントであれば楽天市場で買い物し、マリオットポイントであればホテルで使うかマイルに交換するのがおすすめです。

社会人と主婦の方はぜひ活用しましょう!

新NISAを活用して毎月積立を行う

支出を見直した後は、毎月の貯蓄分を新NISAで毎月積立しましょう。

新NISAでは運用利益に対する税金がかからず、堅実な商品を選んで長期運用すればお金が増える可能性が高いためです。

新NISAで購入する商品としては、投資信託のS&P500やオールカントリーなどが人気です。

社会人、主婦の方は新NISA利用の検討をしましょう。

共働きで収入を増やす

お金を貯める仕組みを作ったら、あとは収入を上げて貯蓄額を増やしていきます。

パートナーがいる場合、共働きにして収入を増やすのもおすすめです。

例えば、夫婦の片方分の毎月の給与20万円(手取り)を毎月積立している家庭もあります。

社会人、主婦の方はぜひパートナーと相談してみてください。

副業を始めて収入を増やす

本方法はお金を貯める方法10選の最終段階です。

お金を貯める仕組みを整えたら、副業を始めて収入をさらに増やしましょう。

副業により毎月の収入が増えるだけでなく、本業でトラブルがあった場合のリスクヘッジにもなります。

社会人、主婦の方にとって切り札となる可能性を秘めた方法です。

お金があるとできること3選

お金があるとできること3選

お金があるとできることは、以下の3つです。

  • 安心感を得られる
  • 選択肢が増える
  • 急な出費にも対応できる

これらの内容を押さえておくと、お金を貯める際のモチベーションになります。

安心感を得られる

お金があると心にゆとりができ、将来に対する漠然とした不安も軽減できます。

老後2,000万円問題について心配している方も多いため、早めに資産形成を始めましょう!

選択肢が増える

お金があると選択肢が増えて、自由度が上がります。例えば、以下のようにお金で解決できることも多いです。

  • 子供に好きな習い事をさせたい
  • 海外旅行に行きたい
  • 今の仕事が嫌だからやめたい

選択肢が広がると生活していくうえでの心の余裕ができるため、幸せも感じやすくなるでしょう。

急な出費にも対応できる

お金があると急な出費にも対応できるのがメリットです。以下のような緊急事態が起こっても対応できます。

  • 車が壊れたから新車を買いたい
  • 家族が病気になり手術代が必要
  • 仕事でうつになり会社に行けなくなった

未来に起こるリスクへの対策ができていると安心して生活ができますよね。不安に悩ませれながら日々を過ごすことの内容に、計画的にお金を貯めるようにしましょう!

お金を貯める方法に関するよくある質問

お金を貯める方法に関するよくある質問は次の2つです。

  • 1年で100万円貯めるには月いくら貯めればいい?
  • 主婦が賢くお金を貯める方法は?

これらの質問内容を知ることで、お金を効率的に増やせます。

1年で100万円貯めるには月いくら貯めればいい?

1年で100万円貯めるには、毎月83,333円を貯蓄する必要があります。

毎月83,333円を貯蓄したい場合、保険・スマホなどの固定費を見直した上で共働きや副業できれば達成できる確率が高くなります。

仮に1年で300万円貯めたければ、上記の3倍の毎月250,000円を貯蓄する必要があります。

このように具体的な目標金額を設定し、そこから逆算して出した毎月に必要な貯金額を計画的に貯蓄しましょう!

主婦が賢くお金を貯める方法は?

主婦の方が賢くお金を貯めたい場合、本記事の「お金を貯める方法10選」を実践しましょう。

お金を貯める仕組みを作った上で、副業でコツコツ稼いでいくのがおすすめです。

お金を貯めるには方法の「仕組み化」が重要!

結論、お金を貯めたいなら「仕組み化」が重要です。具体的には、貯蓄口座を分けて支出を見直した上で、NISAなどを活用しながら毎月投資を行うとよいでしょう。

仕組み化さえできれば、あとは共働きや副業で収入を増やしていくのみです。今回紹介した方法を参考に、将来に備えてお金を効率的に貯めていきましょう。

記事URLをコピーしました