仮想通貨とは?種類や今後を初心者向けにわかりやすく解説

仮想通貨とは?種類や今後を初心者向けにわかりやすく解説
DoFor

「仮想通貨が何なのかイメージがつかない…」
「仮想通貨のメリット・デメリットを知りたい」

このような悩みを解決します。

仮想通貨はインターネット上で使用するデジタル通貨の一種です。

しかし、仮想通貨は硬貨や紙幣のように実態がないため、具体的なイメージがわかないという声をしばしば聞きます。

本記事を読めば、仮想通貨の具体的な内容やメリット・デメリットがわかり、初心者でも仮想通貨をスムーズに購入できるようになるので、ぜひご覧ください。

この記事でわかること
  • 仮想通貨(暗号資産)とは?
  • 仮想通貨のメリット・デメリット
  • 仮想通貨の購入方法
こんな人におすすめの記事です
  • 仮想通貨が何なのかよくわからない方
  • 仮想通貨の売買をこれから始める方
  • 仮想通貨の購入方法を知りたい方

仮想通貨(暗号資産)とは?仕組みを簡単に解説

仮想通貨(暗号資産)とは?仕組みを簡単に解説

仮想通貨はインターネット上で使用するデジタル通貨の一種で、ブロックチェーン技術によって分散管理されています。

ブロックチェーン技術とは、取引の記録を暗号化することで改ざんを防止できる画期的技術のことです。

本記事では、仮想通貨に関する以下の4つについて順番に解説します。

  • 仮想通貨と暗号資産の違い
  • 仮想通貨と現金・電子マネーの違い
  • 仮想通貨の種類
  • 仮想通貨はやばい、やめとけと言われる理由

仮想通貨と暗号資産の違い

仮想通貨と暗号資産は同じものを指しており、違いは呼び方だけです。

一般的には仮想通貨と呼ばれることが多いですが、法令上では暗号資産と呼びます。

2020年5月1日に金融庁により呼称が改正されました。

呼称が改正された理由は、仮想通貨という呼び方だと日本円やドルなどの法定通貨と混同しやすいためだと考えられています。

仮想通貨と暗号資産は同じものだということをまずは押さえておきましょう。

仮想通貨と現金・電子マネーの違い

仮想通貨と現金・電子マネーの違いは以下のとおりです。

具体例特徴
現金紙幣、硬貨・国の中央銀行により発行・管理されている法定通貨・法律によって支払い手段として保証されている
電子マネーPayPay、Suica・現金をスマホやカードなどにチャージしたもの・紙幣や効果などの実態はないが、性質は現金と同じ
仮想通貨ビットコイン発行主体や中心的な管理者は存在しない
国ではなく利用者の信用に基づいて価値を担保

仮想通貨は現金・電子マネーとは異なる特徴をもつことがわかります。

仮想通貨の種類

仮想通貨の種類は2024年時点で2万種類以上あり、大きく分けるとビットコインとアルトコインの2つに分類されます。

ビットコインとは?
世界初のブロックチェーンを基盤とした仮想通貨。決済手段として利用される。

アルトコインとは?
ビットコイン以外の仮想通貨。

アルトコインの代表通貨としては、スマートコントラクトが実装されたイーサリアムや国際送金の利用に長けたリップルが有名です。

なお、スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で所定の条件が満たされた場合に実行されるプログラムのことをいいます。

仮想通貨はやばい、やめとけと言われる理由

仮想通貨はやばい、やめとけと言われる理由は、ボラティリティ(変動率)が高いからです。

仮想通貨は投資信託などと比較してハイリスクハイリターンであり、大きな損失を被る可能性もあるので売買時には注意しましょう。

仮想通貨のメリット・デメリット

仮想通貨のメリットとデメリットについて解説します。

仮想通貨のメリットを押さえることで仮想通貨を最大限に利用でき、デメリットを知ることで失敗するリスクを減らせます。

以下で順番に解説します。

仮想通貨のメリット

仮想通貨のメリットは次の5つです。

  • ハイリターンを狙える
  • 少額から投資できる
  • 仮想通貨取引所の口座開設キャンペーンが多い
  • 仮想通貨取引所から送金ができる
  • 24時間いつでも取引できる

仮想通貨では株式のようにストップ高・ストップ安と行った価格変動の上限・下限がないため、ハイリターンを狙えます。

また、仮想通貨では仮想通貨取引所の口座開設キャンペーンが開催されることがあり、無料の口座開設で数千円を獲得できるのも魅力です。

仮想通貨のデメリット

仮想通貨のデメリットは次の3つです。

  • ボラティリティ(変動率)が高い
  • 仮想通貨取引所がハッキングされる可能性がある。
  • 株式投資などに比べて税金が高い。

仮想通貨ではボラティリティ(変動率)が高いため、ハイリターンを狙える一方で暴落を受けるリスクも高いといえます。

また、仮想通貨取引所はハッキングされる可能性があるため、注意が必要です。

2024年にはDMMビットコインから482億円相当の資金が不正流出したと報道されました。

参考:DMM Bitcoinから482億円相当のビットコイン流出/ゲームストップ株急騰でミームコインが上昇【Weekly Review:5/25~5/31】(CoinDesk JAPAN) – Yahoo!ニュース 

仮想通貨の購入方法

仮想通貨の購入方法

仮想通貨はどのように購入したらいいのか、コインチェックを例に解説します。

具体的には、次の3ステップで仮想通貨を購入可能です。

  1. コインチェックで口座解説
  2. 日本円を入金
  3. 仮想通貨を購入

以下で順番に解説します。

コインチェックで口座開設

はじめに、コインチェックで口座開設してください。

コインチェック口座開設の手順は以下のとおりです。

  1. コインチェック公式サイトにアクセス
  2. アカウントの作成
  3. 本人確認書類の提出

コインチェックで口座開設した後はアプリをダウンロードし、セキュリティ強化のために二段階認証の設定も行いましょう。

日本円を入金

日本円の入金をコインチェックのアプリで行います。

コインチェックでは、次の3つから日本円の入金方法を選択可能です。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

これらのうち、入金手数料が無料の銀行振込をおすすめします。

仮想通貨を購入

日本円の入金が完了したら、コインチェックのアプリで仮想通貨を購入しましょう。

仮想通貨を購入するのが初めての方は、コインチェックのアプリで「販売所」を選択して購入するとスムーズに進みます。

販売所は手数料がやや高めなものの、操作がシンプルだからです。

販売所でビットコインなどの希望銘柄と購入金額を選択・入力し、仮想通貨を購入して作業完了になります。

仮想通貨に関するよくある質問

仮想通貨に関するよくある質問は次の6つです。

  1. 仮想通貨の今後は?
  2. ビットコインを買うのはやめたほうがいい?
  3. ビットコインはどこで買うべき?
  4. 仮想通貨を現金化する方法は?
  5. 初心者におすすめの仮想通貨取引所は?
  6. 仮想通貨の初心者が失敗しない勉強方法は?

これらの内容を押さえることで仮想通貨で失敗するリスクを減らせます。

以下で順番に見ていきましょう。

仮想通貨の今後は?

2024年1月にビットコインETF・2024年5月にはイーサリアムETFが承認され、ビットコインとイーサリアムの価格は過去最高値を更新しています。

SNSではビットコインやイーサリアムの2024年以降の価格上昇に期待している投稿が多いです。

ビットコインを買うのはやめたほうがいい?

ビットコインなどの仮想通貨は価格変動が激しいため、初心者が売買するのは控えた方がいいと言われることがあります。

ただし、価格変動は激しいもののビットコインは500円などの少額から投資でき、キャンペーンを利用すると無料で投資することも可能です。

ビットコインを買うかはこれらの内容を踏まえた上で判断するようにしましょう。

ビットコインはどこで買うべき?

ビットコインなどの仮想通貨は、金融庁に認可され安全性が高い国内仮想通貨取引所で買うべきといえます。

例えば、コインチェックはアプリダウンロード数が5年連続No.1で初心者にも使いやすくおすすめです。

仮想通貨を現金化する方法は?

仮想通貨を現金化するには、はじめに仮想通貨取引所で仮想通貨を売却します。

仮想通貨を売却したら、仮想通貨取引所の日本円を銀行口座などに送金することで現金化が可能です。

初心者におすすめの仮想通貨取引所は?

初心者におすすめの仮想通貨取引所は、コインチェックです。

コインチェックは初心者でも使いやすいアプリにより、簡単にビットコインなどの仮想通貨を購入できます。

仮想通貨の初心者が失敗しない勉強方法は?

仮想通貨に関する有料教材は数多く存在します。

とはいえ、まずはYouTubeなどの無料で視聴できるもので勉強するのがコストがかからずおすすめです。

最低限の知識を無料で習得し、必要に応じて有料教材などで勉強しましょう。

仮想通貨はデジタル通貨の一種!種類が豊富で今後にも期待できる

仮想通貨はインターネット上で使用するデジタル通貨の一種で、2万種類以上あります。

ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨は2024年に最高値を更新しており、今後にも期待できるという声が多いです。

余剰資金があって仮想通貨に興味がある方は、コインチェックなどの初心者向けの仮想通貨取引所で少額から投資することを検討してみましょう。

記事URLをコピーしました